0.5%の内の1件にすぎない

電力自由化、まだ様子見? 契約切り替えは0.5%:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJ304GDXJ30ULFA00X.html
4月に入った。

電気の契約切り替えが出来てるはず。まだ確認書類が届かないので確認できないけど。
で、1日に上の記事見た。

ウチは、0.5%の中の1件かー…。
学生ではなくなって、狭い空間の狭い人数の中で多数決とかグループ化とかされなくなって久しく、隣人との日常の雑談くらいはなんとかなるようになって久しく…。

でも、まだ、数値で表されるとマイナーに分類される自分なんだなー…。

改めてしみじみと。
*****

まぁ我が家でもいろいろ悩んだけどね。
我が家の電気機器一般の設定と管理をしているK氏は、何よりも電気の安定供給が大事という意見。

私はできるだけ再生可能エネルギーとか地産地消のエネルギーを扱ってるところがいいと思ってて。

両方の希望を満たす契約先は見つけられなかったから。
希望通りの会社が出てくるまで契約切り替えせずに待つことも考えたし。
でもさー。

東京電力から電気買うの一度止めたかったんだもの。
食品偽装があれば、多くの人が不安を感じてしばらくその会社の食品買わないじゃん。

電気だって、福島が「事故」だったとしても、じゃあその時の対応の何が悪かったのか、どうしたら被害がより少なくできたのか、みたいな総括が、まだきちんと出来てない…少なくとも、私のような一般の消費者にわかるように広報されていない気がするんだ。未だに未公表だった事実とか新聞に出てくるし。

だから不安を感じてこの会社から買うの止めたい……って言っても、今までは住む場所を変えない限り出来なかったんだもの。それが出来るようになったんだから、一度止めたかった。

「貴社の商品に不安を感じてるんだよ」っていう意思表示をしたかった、と言うか。

資本主義社会では需要と供給のバランスで動くから、少なくない人が「自由に選べるならここのは買わない」って言ったら、供給する側が、もっといいサービスとか価格とか質とか考えるじゃない?
……でも、0.5%、かぁー。
世の中の人はもう過ぎた事故のことなんかで不安は感じてない…か、新規参入する企業の方が信用ならない…か。(いやまぁ東京電力圏内じゃない人には、そもそも関係ない話だけれども。)
まぁ多分、こんなメンドクサイこと考える人間は少ないってことね。

«ポテトチップス